電話での問い合わせや体験レッスンの際によく聞かれる質問をまとめてみました。参考にして下さい。

Q1
プロになりたいのですが?
A1 設立以来もっともよく聞かれる質問です。そしていつも同じようにお答え致します。「お約束は出来ませんが、可能性はあります。」と...。プロと一言で申しましても様々です。メジャープロ、マイナープロ、ラウンジプロ、プロ講師...。この質問をなさる方の指すプロとは多分メジャープロの事だと思うのですが、残念ですが入学しただけでメジャープロになれると言う学校は世界中探しても何処にもないと思います。 メジャープロになる為には、努力と才能と時代とチャンスの全てが備わっていなければなれません。その内一つでもかけていてもいけないのです。
AK(アコー)MUSICでは個々の才能を伸ばし、時代に合ったレッスンで流星のようにアットいう間に居なくなってしまうチャンスを捕まえられるようお手伝い致します。又、講師育成にも力を入れております。
「お約束は出来ませんが、可能性はあります。」この言葉を信じ努力しプロになって行った生徒さん達の為にも、又、今この文章を理解し読んで下さった方々の為にも、信じてください!可能性を!自分の才能を信じ、時代を読み、チャンスを与えてくれる人々と出会い、努力して下さい。AK(アコー)MUSICがそんな貴方のお力になれれば幸いです。


Q2
楽譜が読めない、書けない、分からない?
A2 大丈夫です。楽譜が理解出来ないのは義務教育の音楽指導が悪いのです。貴方のせいではありません。貴方のやる気と努力があれば短期間で楽譜は理解出来るようになります。又、勘違いして頂きたくはないのですが、楽譜が読めなくても音楽は奏でられるのです。(楽譜が苦手なミュージシャンは以外と多いのです。)しかし、楽譜を理解出来ずに損をする事はあっても特をする事はありません。


Q3
どうしたら上手になりますか?
A4 とても難しい質問です。人間一人々の性格や顔が違うように、演奏技術の上達法も人それぞれ又異なるのです。しかし、最終的に上達した人々が行った行動は皆同じなのです。では、どうすれば良いのでしょうか?下記に簡単にご説明致します。

●努力 
高い声が出ない!指が動かない!もう駄目だ!そういってあきらめてしまってはいけません。あきらめず努力して下さい。自転車に乗れるよう一生懸命努力した子供の頃を思い出して下さい。ひざをすりむいた分だけ自転車に乗れた感動が大きかったはずです。努力して下さい。

●継続
何事もやめてしまえばそこまでです。あきらめてはいけません。継続は力なりです。継続してこそ成功があるのです。

●練習
色々な練習方法がありますが、自分に合った練習法を見つけ努力する事です。

上記の事柄は私達が普段あたりまえのように酸素を吸って生きているのと同じ位重要で大切な事なのです。ありふれたこの言葉の意味を理解し正しく実行した人達は、個人差はありますが確実に上達しています。


Q4
良い音楽教室とは?
A4 まず教室の大小は気になさらない事です。大切な事はレッスンの内容と良い講師との出会いなのです。ではどのように教室を探せば良いのでしょうか?下記に簡単にアドバイス致します。

1 スクール情報誌又は教室に通っている友人から情報を得る。
2 資料を参考に自分の希望(料金、距離、レッスン内容など)に合う教室を抜粋する。
3 無料体験レッスン又は見学に行く。
4 自分の要望等を担当講師に相談する。
5 無料体験レッスン又は見学終了後、落ち着いて自分に合った教室をじっくり考える。

良い教室を見つける為の一番良い情報源は、音楽に詳しい貴方の性格を良く
知るお友達からの情報なのですが、全ての人にそのようなお友達がいるとは限りません。スクール情報誌等を参考に自分のスタイルに合った教室を探して下さい。資料を送付してくれる教室ならば資料を取り寄せて見て下さい。待ちきれない方はインターネットでホームページを閲覧して見るのも良いでしょう。次に自分の希望に合う教室を抜粋し、授業料、教室までの距離、レッスン内容等を検討し無料体験レッスン又は見学の予約を問い合せて下さい。もしこの時点で無料体験レッスンや見学を行っていない教室でしたら入学はお考えにならない方が良いと思います。きちんとしたレッスンを行っている教室なら体験レッスンや見学を行っているはずだからです。(もちろん無料なはずです。)教室に着きましたら必ず説明があります。ここでは、教室のシステムや質問事項のみを聞き、後の説明はお聞きにならなくても良いでしょう。たいがい他の教室より優れているとか、いかに良い教室なのかという話になるからです。大切なのは、自分のスタイルに合ったシステムとレッスン内容なのですから惑わされるような話は聞き流して下さい。さて、いよいよ担当講師との対面です。ここでは講師の熱心さ、分かりやすさ、生徒さんの進歩具合を見て下さい。その後、担当講師と話が出来ましたら自分の要望等を相談してみて下さい。教室からの帰りは出来ましたら生徒さんと一緒に帰って下さい。その際、教室や担当講師の事を聞いてみましょう。より良く教室や担当講師の事が分かるはずです。この時点で自分に合った教室に出会えれば良いのですが、出会えなかった方は辛抱強く色々な教室を訪ねてみて下さい。体験レッスン又は見学終了後、電話や手紙で入学の有無を聞いてくる教室もあります。一度なら良いのですが、何度も聞いてくる教室なら入学はおやめになられた方が宜しいでしょう。